子どもの心理的な安定感を促すからである抱

子どもは公共のものを使ったあとも片づけません。
そこで、おじぎの角度や回数について差のある場合を考えてみますと、第一に、男女差があります。少なくとも、中年以上の大人の間ではこれが明瞭です。どうして、この差が生じているのか。やはり、男尊女卑の名残がそこに現れているのではないでしょうか第二には、社会的な地位によって角度がちがいます。私の友人で、長く東京にいるドイツ人から、「日本人のおじぎを見ていると、どちらが上の人か下の人かがすぐわかる」と言われたことがあります。お金のある人とない人とでその角度がちがうことも少なくありません。その点で、欧米の慣習である握手には、平等なつき合いの面が現れています第三には、利害関係がおじぎにからんでいることがあります。

両親にしても、教師にしても、本当に相手に親しみを感じてあいさつをしていることは少ないのではないでしょうか。あいさつをしなければ悪く評価される-ということを恐れての行為であることが多いのではないでしょうか。つまり、あいさつを何のためにするのか-という原点に立って考え直してみる必要があるのです。
もう一つのエピソードは、ちょうど三十年前にWHO世界保健機構主催の子どもの精神衛生に関するセミナーに日本の代表として出席したときのことです。会議の議題の中に、まことに妙な項目がありました。それは、「日本人のおじぎが日本人のパーソナリティ人格とどう関係しているか」というものでありました。

子どもの黒い瞳に語りかけてやれば

グループ討論となったとき日本人の私がいるということで、まずこの議題が取り上げられましたが、日本のおじぎを見たことのない人もいるので、実演してみてほしいと座長から言われ、私は立ち上がっておじぎをして見せたのです。
第一の質問は、その角度は何度でやるのかというものでした。しかし私はそれを正確には知りませんでした。知らないというのも格好が悪いので、二五度から四〇度ぐらい
と答えておきました。ふつうのおじぎは三四五度だそうですから、当たらずとも遠からずの答だったわけです。

体験を積ませるように多くの機会を与えることです。


子どもに示しがつきません。コーチングは個性認識と未来想像ですすると、日本に来たことのある中年のアメリカ婦人医師
日本の女の人で九0度とかそれ以上の角度でおじぎをしている人があるのはどういうわけかと質問してきました。まさに、三十四十歳以上の女の人のおじぎには、そうしたものが見られます。はて、何と答えたらよいか-私は迷いましたが、封建時代の名残ではないかと思うと答えたのです。次いで何歳ごろから教えられるか?
幼稚園ではどうか?などといろいろな質問が出されました
そのあと、私は、おじぎについていろいろな角度から考えてみなければならないということに気がついたのです。とくに、おじぎを大切にしている日本ですから、頭が高い
ということは、傲慢ということにもなるわけです。

子どもを一人前に扱うことだと思っています。

そこで、おじぎの角度や回数について差のある場合を考えてみますと、第一に、男女差があります。少なくとも、中年以上の大人の間ではこれが明瞭です。どうして、この差が生じているのか。やはり、男尊女卑の名残がそこに現れているのではないでしょうか第二には、社会的な地位によって角度がちがいます。私の友人で、長く東京にいるドイツ人から、「日本人のおじぎを見ていると、どちらが上の人か下の人かがすぐわかる」と言われたことがあります。お金のある人とない人とでその角度がちがうことも少なくありません。その点で、欧米の慣習である握手には、平等なつき合いの面が現れています第三には、利害関係がおじぎにからんでいることがあります。

学校の名前で勝負するものでもない。


子供は一個の人格であ
お母さん方にしても、子どもの学校の先生には、おじぎの角度が大きくなり、回数も多くなっているでしょう。お頼み申します!という利益を求めての行動であることは、かなりはっきりしているのではないでしょうか。教師にしても、校長に対するおじぎや、教育長に対するおじぎには子どもたちに対するおじぎとはちがったものがあるのではないでしょうか。そのちがつもの-というのは、自分をよく思われたいという利欲ではないでしょうか。
このようにお話ししますと、おじぎ一つを子どもに教えるにも、考え直してみなければならないことに気がつかれたと思います。形の美しいあいさつが行われているようであっても、心の奥には、男尊女卑、社会的不平等、功利主義といった考え方がひそんでいるとすれば、それは醜い心の現れと言えるのではないでしょうか。

母を求めて家出する子もいる。

それだからといって、すぐにおじぎをやめようと主張するのは、破壊活動になりますやめようと提案する
Eは、新しい行動の形を提案する必要があります。西欧の握手はどうか-確かに、平等に近いあいさつの仕方ですが、手は肛門に次いで不潔な部分ですから、それをこすり合わせるのはどういうものでしょうか。前に鼻をほじっていた人とも握手しなければならないとしたら、握手も不愉快です。また、西欧には、抱き合ってほほにキスをする習慣があります。


コーチングは個性認識と未来想像です 子どもが小さい頃に親が離婚して 経験をさせましょう。