子供たちであった。

いじめっ子というのが最近

子どもに公衆道徳を守らせるための項目を決め確かに自分の働きでお金が入るということは魅力的ですが、そうした経済問題とはくらべることのできないほど、大切な子どもの教育とそのための自分の勉強があることに気付いたのでした生活のためとはいえ、自分の力でお金が入ることは、非常に楽しみなものです。さらに収入を多くしようとするでしょう。そこに、お金が魔性を発揮する面があります。お金が優先すると、お金があるかどうかで人間の価値を決めてしまうような考え方になっり、他人の心を温かく迎えることを忘れてしまったりします。それが、アニマルといわれるような人間の姿ですわが国には、過去の生活が貧しかっただけに、すぐにアニマルな心が膨張してきやすい日本人が多くいます。

子どもの年齢に応じて

経済的向上の限度をわきまえなくなります。こうした心のお母さんは、子どもの養育や教育が面倒になります。うるさいことがあると、子どもを叱り玳ばすだけになってしまいます。つまり、いつの間にか利己的な心になり、それが子どもとの関係で生じたときには、自分本位な母親となるのです。
ときには愛情の自問自答を子どもを好きでない--という母親がいます。好きでなければ、なぜ子どもを生んだのでしょうか。子どもがいないと淋しいとか、一人ぐらいは作っておこうか-などと身勝手な考え方が出てきます。そのような母親には、子どもとともにいて楽しい!という雰囲気は作られないでしょう。まして、面倒なことが起きると、子どもを生まなければよかった-という気持になるでしょう。この気持は、子どもの存在を否定するものであり殺児的な考え方です。教育をしてきたのですつ

中学生の男子に対して

子供たちであった。母親にとって著しく面倒なことが起きると、子どもを殺してしまうかも知れませんし、現実にそのような母親もいるのです。不幸な母親のもとに生まれた子どもたちです。
そのような母親には、全く受容的な心はありません。
うから、離婚の危険性をはらんでいます。
夫に対しても受容的でないでしょ愛情から出発した母性に対する考え方も、愛情がはっきりと客観的に測定できない今日どの母親にどれくらいの愛情があるかを言うことはできません。それは、母親自身の心のうちにありますから、絶えず問いただしていなければならないでしょう。子どもの気持になってみて、それを受容できるような母親になるように、努力することから始めなければならないのです。そのためには、自分の中にある利己的な心を追求し、それを整理しながら取り除くことです。そうして慈しみのある母親になってくれることを、子どもは期待しているのです。

勉強していたわけでもなく

子どもには救われる免疫が無限にあります。
そのような母親は、子どもに00をさせるということはしません。母親の考えた教育を子どもにおしつけようとはしないでしょう。自分の思い通りに子どもを勉強させようとすれば、また、自分の思い通りの姿に子どもを作り上げようとすれば、鬼母になってしまいます。それは、子ども自身で発達する力があり、自発的に自分の行動を考え出す力のあるのが子どもであるからです。それを援助するのが、お母さんの役割であり、思い通りに子どもを引きずり回すことではないのです。
慈母とはどういう母親か-もう一度考えてみて下さい。
個性という言葉のあやふやさがもたらしたものです

教育をしたという自覚はある

忙しいお父さんへのメッセージ現在のわが国の父親は、家庭にいる時間が少なく、子どものこととなると、者としての役割を演ずるよりほかには致し方ないというのが現状でしょう母親の援助そこで、援助者としてどのような役割を果したらよいかについて、考えてみる必要がぁります。子どもと接していろいろと悩んでいる母親は、とくに専門家の助言が得られる場合を除いては、やはり父親である夫が頼みの綱です。ですから、母親からの悩みについて聞き役となることです。外での勤務から帰って来て、ゆっくりしたいというのが父親の願いであり、一杯飲めば疲労が出て、細々した話を聞くのが面倒にもなりましょうし、昔の父親であればよきにはからえとつっぱねたでしょうが、妻を援助する役割を放棄してはなりません。

母親のあなたが町で見かける

勉強をする気にさせるだけでなく
子どもの教育については直ちに回答を出すことのむずかしい問題が多いから、すぐに回答を言う必要はありませんが、聞き役になっているだけで母親の気持を落ちつかせるのに役立ちますしかし、意見を求められることも少なくないので、何とか言わなければならないはめなりますが、子どもの実態を見ないでの判断は的外れになりがちです。そこで、休日を利用して子どもとよく遊んだ上で考えてみようという提案をしてほしいのです。日曜ぐらいは自分の好きなことでものんびりとやらせてほしいという気持にもなるでしょうが、母親としては放り出された気持になり、それから生じた不安から、養育態度がすっかり混乱しそのために子どもに問題行動が生ずることさえもあります。


子供たちであった。 子供たちであった。 母さんは私のことをちゃんと見ていてくれたんだちょ