学習できる

母親は蒸発。

第二には、子どもとともにいて楽しい雰囲気を作り出すことです。それには、子どもらしい遊びをともにすることも必要でしょう。そうした遊びは、しつけから見るとそのわくから外れた面もありますが、わくを外すということが人間的な味の出る面です。それにユーモアや冗談が加わると、更に子どもの人格形成をゆたかなものにするでしょう。とくに遊びをともにすることは、受容につながり、親子関係をしっかりとしたものにするでしよう第三に、年齢の上昇とともに、口を出したり手を貸したりせずに、子どもにまかせることです。そのような養育態度は、決して放任ではなく、子どもを信頼する道に通じ子どもの責任感を養うことに役立ちます。
その間に、子どもは小さな失敗をいくつも重ねるでしょうが、そうした失敗こそは、次の成功に通ずる道です。そこに大切な教育的な意義を見つけるべきでしょう。失敗をさせないように先がけて手を貸したり口を出すことは過保護であり、子どもの依存性を強めます第四に、子どもをしつけることを急いではならないということです。
学習できる

子供たちに批判の目が養われると思う。
子供たちに批判の目が養われると思う。
教育の難しさがあります。
教育の難しさがあります。


母さんにとってということのようです。

子供がどういうことを話

しかし、物質的.金銭的要求に対しては、その金額と期限を決めて、きちっとしたしつけは忘れないでほしいことですし、子どもには質素を教えたいものです第五に、子どもに対していけない-といった制限はあくまでも通すことが必要ですがそれがたくさんにならないように、何をいけないといって制限する必要があるかを、両親でよく話し合って決めましょう。しかし、できるだけ少くしてそのほかのことは、大幅に認めてあげたいのです。しつけばかりに焦って圧力を加え、外面的なよい子を作り上げると、内面の発達、とくに自発性や創造性の発達はとまってしまいます。
第六に、困難な場面を与え、つらさに耐える力を養っていただきたいのです。

子供をミコと呼んだ

教育ママは何をしていたのか。これからの人生に幾度か押しよせてくる困難に対して、自分の力でそれを乗り切るための気力が必要で、その準備を、年齢に応じてしておくことが大切です両親が協力し合っている家庭には、明るい雰囲気があります。しかも、苦しいときとか困難な場面に遭ったときに相携えて力強く当たる両親の姿は、子どもにも協力が大切であることを教えます。夫婦の協力には、第一に相手を責めないこと、第二には、更に相手の立場に立って考え、気持を受け入れることです。夫婦の間でこれらが実現されているときあいたずさ
には、当然、親としては子どもをも受け入れることになります。
そのような家庭の雰囲気を基盤として、その上に学習活動があります。しかし、学校での学習活動が家庭の明るい雰囲気を壊さないように、宿題の波などに対しては防衛しなくてはならないでしょうし、お母さんが勉強をみてくれなくては困るといった教師のことばをはね返すことが必要です。
母さんが間違いやすい教育費と住宅ローンのためこれには、両親が協力して当たってほしいことです。
三世代の家族が住み合うとき両親以外の家族といえば、母がありますお年寄りとか両親のきょうだい
子どもからいえば叔父·叔最も大きな影響を子どもに与えるのは、祖父·祖母です。祖父母が父方である場合には母親にも大きな影響を与えます。年寄りが同居している場合が最も強い影響を持ちますが近くに住んでいるときにも大きな影響を与えることがあります母親が忙しいときに、家事を手伝ったり、子どもの面倒をみたり、援助する気持の強いおばあちゃんは、家族から慕われます。

勉強をしています

思いやりが溢れているからです。子どもたちには、年寄りが子どもだった頃の話や昔話が楽しみでしょう。とくに伝承的な話は、他ではなかなか聞けない話ですから、子どもの心に残るでしょう。
ところが、封建時代の家父長制を背景とした考え方が残っているお年寄りがあります長い期間にわたって養われた考え方ですから、民主的な時代になったからといって、すぐに変えることはできないものです。しかし、お年寄りの口出しが、若い家族を不快や不安におとしいれることがあります。ババ抜きなどと嫌な言葉が使われたのも、古い時代の考え方に対する若い人々の反発とも言えるのです。とくに、嫁に対する姑の態度は、嫁を悲劇の主人公にしていたという例がたくさんにあったからです古い時代の考え方が残っている場合には、同居することは双方の不幸を招きますからどうしてもスープのさめない場所に物理的に分離をすることが必要です。
子どものさまざまな生活実践の中


母がどこかへ電話をかけるつもりでやって来て

子どもを遊ばせる。お互いにそれぞれ別の生活をしながら、いっしょにできる部分を見つけていくことです。ですから、最初から同居することは好ましくありません。
姑嫁の暗黙の葛藤は、子どもにも影響します。子どもにとってはどちらも好きな人たちです。その二人が争っているときには、暗い気持になってしまいます。どちらかの味方をするように言われれば、子どもはどうしてよいかわからなくなってしまいます。
そのようなときに、父親が解決のために積極的に乗り出してくれると、すぐには問題が解決されないまでも、母親の不安は非常に緩和されるものです。しかし、古い時代の親孝行意識にとらわれているような父親は、解決への努力をいやがるものです。そうなるといつまでも姑嫁の葛藤が続き、子どもにも深刻な問題が起きてくることさえあります。